2017.10.10

【体育会ボードセーリング部】RS:Xウィンドサーフィン世界選手権にて日本人2位の快挙!|明治大学


focus写真提供:明大スポーツ新聞部

9月16日から23日まで江の島にて開催された「RS:Xウィンドサーフィン世界選手権」。本学からは体育会ボードセーリング部に所属する池田健星選手(法学部1年)が出場し、世界56位の成績を収めました。日本人としては2位の快挙です。

池田選手はこれまで、南京ユースオリンピック2014のアジア予選トップ通過、本戦7位という成績も残しており、東京五輪へ向けて、期待が高まります。

体育会ボードセーリング部について

ボードセーリングとは、一般的にウィンドサーフィンとして知られているマリンスポーツで、波がなくとも帆走することができます。体育会ボードセーリング部は、ウィンドサーフィン(コースレース)の技術向上、レース入賞を目指して日々活動しており、毎年好成績を残しています。昨年は団体インカレで準優勝を果たしました。

※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです


おすすめ関連記事


課外活動のコト
体育会に注目! 【相撲部】前田将吾選手「靭帯断裂で臨んだ東日本...
課外活動のコト
明大生にフォーカス 「第5回POLUS-ポラス‐学生・建築デザインコンペテ...
課外活動のコト
体育会に注目! 【拳法部】日本拳法第31回全国大学選抜選手権大会...
課外活動のコト
体育会に注目! 【剣道部】第52回全日本女子学生選手権で、藤﨑薫...