2018.07.09

【自転車部】第59回全日本学生選手権トラック自転車競技大会で、学生新記録を樹立・入賞しました|明治大学


6月30日(土)、7月1日(日)に、第59回全日本学生選手権トラック自転車競技大会が、福島県・泉崎国際サイクルスタジアムで行われ、スプリント予選(200m)で荒川仁選手(政治経済学部2年)が学生新記録を樹立しました。また、そのほかの種目においても、本学の選手が多数入賞しました。
arakawa 【スプリント予選】荒川選手(政治経済学部2年)(写真提供:明大スポーツ新聞部)

第59回全日本学生選手権トラック自転車競技大会が、6月30日(土)、7月1日(日)の2日間にわたって開催され、明治大学体育会自転車部から17人の選手がエントリーしました。

スプリント予選(200m)においては、荒川選手(政治経済学部2年)が学生新記録となる9秒992というタイムを記録。これは日本記録にも迫るタイムで、初めて学生が10秒の壁を破った価値ある記録となりました。

また、タンデム・スプリントでは、田川翔琉選手(政治経済学部3年)と甲斐俊祐選手(経営学部2年)が、2013年大会以来の優勝を収めました。また、甲斐選手はケイリンでも優勝しています。

ほかにも、1kmタイムトライアル、スクラッチでも、本学の選手が入賞という成績を収めています。

第59回全日本学生選手権トラック自転車競技大会の入賞選手

タンデム・スプリント 【優勝】田川翔琉選手(政治経済学部3年)、甲斐俊祐選手(経営学部2年)
ケイリン 【優勝】甲斐俊祐選手(経営学部2年)
1kmタイムトライアル 【2位】隈園郷史選手(政治経済学部4年)
スクラッチ 【3位】梅本泰生選手(法学部2年)
スプリント 【4位】荒川仁選手(政治経済学部2年)
kai-tagawa 【タンデム・スプリント】甲斐選手(経営学部2年)と田川選手(政治経済学部3年)(写真提供:明大スポーツ新聞部)
kumazono 【1kmタイムトライアル】隈園選手(政治経済学部4年)(写真提供:明大スポーツ新聞部)
umemoto 【スクラッチ】梅本選手(法学部2年)(写真提供:明大スポーツ新聞部)
※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです