2017.01.16

ふたつの創立記念日!?


170117_01 明日1月17日は、明治大学の「創立記念日」です。今年度は暦の都合上、休日授業実施日となっていますが、明治大学学則上では祝日として定められています。

この「創立記念日」の他に、「創立記念祝日」が11月1日に定められていることはご存知でしょうか?「創立記念」を祝した記念日がふたつもあるのってなんだか不思議ですよね…。今回の「今日のデキゴト!」ではこのふたつの記念日を紹介します!

1月17日の「創立記念日」は正真正銘、明治大学の創立日
明治大学の前身となる明治法律学校は、1881年(明治14年)1月17日に創設されました。1902年の第21回記念日から祝日として定められ、現在に至っています。

つまりこの日は明治大学の誕生日なんですね!

11月1日の「創立記念祝日」は、後から定められた祝日
1923年の関東大震災で本学キャンパスは大きな被害を受けます。その後、校舎の建て直しを進めていきますが、費用面で難航していた図書館の再建のため、1931年10月末に昭和天皇から御下賜金(ごかしきん)1万円を受けます。

また、この1931年は創立50周年を迎えた年でもあり、11月1日に記念式典が開催されました。1月17日では年の初めで学生の出席が少ないということから、この日になったようです。この50周年式典と図書館建設のための下賜金受領を記念した祝日として、1934年から学則に定められて、現在に至っています。

170117_02

2017年に創立136周年を迎えた明治大学。大学のふたつの記念日には、こんなストーリーが隠されています。

みなさんも大学の記念日をお祝いしてくださいね!