2017.03.08

スクールカラーが「紫紺」なのはなぜ?


shikon1

明治大学のスクールカラーである「紫紺」。明大生になって、この色が好きになったという方も多いはずです。

今日はその成り立ちについて、ご紹介します。

 明治大学では1915(大正4)年、校旗を制定するにあたり当時の木下友三郎校長が、大学の更なる発展を願い、聖徳太子が定めた「冠位十二階制」で最上位の色として位置付けられていた「深紫」を採用。その色が時代のとともに、いつしか「紫紺」と称され、校旗と共に明治大学のスクールカラーとして定着していきました。

現在では、大学マークや運動部のユニフォームなど、明治大学を象徴する色としてしっかり受け継がれていますね!

shikon2

 

shikon3

めいじろうも、もちろん「紫紺」です!



おすすめ関連記事


学生生活のコト
明大生にフォーカス 明治大学鉄道研究会にクローズアップ!「集まるか...
学部のコト
ようこそ研究室へ 「Come on a My Labo!」理工学研究科 山本俊哉ゼ...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【就職キャリア支援センター(生田)】就職支援カ...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【企業見学記】就職キャリア支援センター(生田)...