2017.03.29

日本初の女性弁護士は・・・


1929年に設立された女子部の様子

日本初の女性弁護士は、明治大学出身ってご存知でしたでしょうか??

今ではもちろん珍しいことではありませんが、女性が弁護士になる道が開かれたのは、1936(昭和11)年になってのことでした。

明治大学は1929年に女子部を設立するなど、いち早く女性の高等教育に対する門戸を開いてきました。

当時、女性が法律を学べる場がない中で、法学を志す女性が明治大学へと集まり、1938年に3人の女性が司法試験に合格。

ここから日本初の女性弁護士誕生への道が切り拓かれたのです。

長い明治大学の歴史の一幕をご紹介させていただきました!



おすすめ関連記事


学部のコト
ようこそ研究室へ 『「経営組織における情報管理とマネジメント・モ...
キャンパスのコト
キャンパスクルーズ みんなで行こう!セミナーハウス ~涼しい高原で身...
わたしとくらしのコト
ふるさとじまん 明大生のふるさとじまん・北海道 広大な大地に広...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【生田】工場等見学会 開催のお知らせ