2018.10.18

日本精工株式会社に就職内定!「早めの行動あるのみ」理工学部 吉村武矩さん|明治大学


こちらの記事は、『明治大学広報』第720号(2018年10月1日発行)からの転載になります。

就職活動体験の情報を紹介してくれた方吉村武矩さん(理工学部4年)

Image File Library, Copyright (C) 1996 - 2007, PCCG Co.,Ltd.

就職内定先 日本精工株式会社

私にとっての就職活動は、恥ずかしながらネクタイを結ぶところからのスタートでした。

そんな私が納得のいく就職活動ができたのは、とにかく「行動」をしたからだと思います。当初、やりたいことが決まっていなかった私は、興味のある企業のインターンシップや座談会にとにかく参加しました。企業への理解を深めるだけでなく、同じ業界を志望する仲間と出会うことでモチベーションを維持でき、さまざまな情報を得ることができました。おかげで、自分のやりたいことが明確になり、それに向けて何をすれば良いのか分かりました。

また、就職キャリア支援センターの方や、自分の志望する企業に勤める明大OBの方々から自己PRなどを添削していただくことで、さらに自己分析を深めました。就職活動においてES(エントリーシート)はとても大切です。添削は、恥ずかしい部分もありますが「自分はこういう人間だ」というESを作ることができれば、おのずと自分の軸が見えてくると思います。私は3年次にアメリカ、東南アジアの一人旅をしたことから自分の軸を掘り下げていき、その結果、企業選びの軸を見つけることができました。

就職活動が本格的になる3月からは忙しさのあまりに1日に3、4社の予定を入れてしまい、遅刻したこともありました。スケジュールには余裕を持ち、自分のペースで悔いの残らぬ就職活動ができるよう、応援しています。

※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、『明治大学広報』第720号(2018年10月1日発行)発行当時のものです