2017.09.26

株式会社タカラトミーに就職内定!国際日本学部 鈴木知香さん


就職活動体験を紹介してくれた方国際日本学部4年 鈴木知香さん
syusyoku39_1
就職内定先 株式会社タカラトミー(玩具業界)

内定先を選んだ理由を教えてください

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのインターンシップで、おもちゃを扱うお店に配属されたことが、おもちゃ業界を志すきっかけとなりました。働く中で、言語も文化も超えて子どもに笑顔を与えるおもちゃの魅力に気付き、おもちゃ作りに携わってみたいと思いました。特にタカラトミーは、私自身今もトミカコレクターなこともあり、おもちゃ会社の中でも一番興味がありました。

どんな大学生活を送っていましたか?

私の学生生活は「ディズニー」の一言でまとめられます。1年次、フロリダにある、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのインターンシップに落ちてしまったので、面接でのアピールポイントを作るため、東京ディズニーシーのアトラクションキャストを1年間勤めました。その後、再チャレンジしてインターンシップに受かり、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで半年間ショップのキャストを経験しました。子どものころなりたかったキャストになり、さまざまなゲストと出会える日々は、本当に刺激的でした。

就職活動はいつぐらいから、どのように進めましたか?

フロリダから帰国した1月から、ブレインストーミング形式で自己分析をはじめ、自分がやりたいことを明確化しました。同時期にSPIの勉強もスタートさせました。また、自身の考えを文章にすることが苦手だったので、エントリーシートや面接練習は必ず就職キャリア支援センターの方にご協力いただきました。良い点は評価しながらも、的確なアドバイスをしてくれるのでお勧めです!おかげで自信を持って面接会場に向かうことができました。

就職活動を終えて「やっておいて良かったこと」を教えてください

志望度の高い企業に関しては、面接のアピール材料として、その企業の新商品企画書や顧客のアンケートを勝手に作って持って行きました。例えばタカラトミーの場合は、近所の幼稚園に通う園児の皆さんや、アメリカで小学校の教師をしている方からアンケートをとりました。それを元に新商品を20個ほど企画したり、今後のタカラトミーの海外展開戦略に関する文書を作成しました。企業への熱意をアピールするポイントになったと思います。

就職活動における失敗談を教えてください

失敗したことは、受けた会社が少なすぎたことです。その上、大企業ばかり。私は12社しか受けておらず、次々と落ちて、精神的に追い詰められました。もう少し中小企業も受けて、心の余裕を保つように工夫すべきでした。

就職活動をする上で役立ったアイテムがあれば教えてください

就職活動報告書は、その企業で実際にされた質問を見ることができたので、重宝していました。また、大学受験時にお菓子のさくさくパンダを持参した学校にはなぜか受かったので、面接の時も必ず持って行きました。

syusyoku39_2

これから就職活動を控える明大生へのメッセージ・アドバイス

不採用のメールが来ると、自分の個性を全否定されたような気持ちになりがちですが、それはただ会社と皆さんのキャラクターが合わなかっただけで、悲観的になることはありません。めげずに堂々と自分の個性をアピールし続ければ、必ずぴったりの素敵な会社から内定がもらえます!もし自信を失いそうな時は、身近な人に弱音を吐いてスッキリして下さい。 皆さんの就職活動を心の底から応援しています!



おすすめ関連記事


学生生活のコト
明大生にフォーカス 明治大学鉄道研究会にクローズアップ!「集まるか...
学部のコト
ようこそ研究室へ 「Come on a My Labo!」理工学研究科 山本俊哉ゼ...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【就職キャリア支援センター(生田)】就職支援カ...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【企業見学記】就職キャリア支援センター(生田)...