2017.12.04

『大学院で得たのは専門知識と研究者としての志 学びのすべてが今の仕事に活きている』経営学研究科修了 鳥居陽介さん


1202034

PROFILE

鳥居陽介
経営学研究科 経営学専攻修了(指導教員:坂本恒夫)
諏訪東京理科大学勤務

学部 明治大学 経営学部 経営学科
経営学の基礎から専門分野まで幅広く学ぶ。なかでも「財務管理論」に興味をもつ。
大学院
博士前期課程/博士後期課程
経営学研究科 経営学専攻
専門知識以外に、論文の書き方やまとめ方など論文作成について学びを深める。
就職 諏訪東京理科大学講師
「財務管理論」を専門に教えながら、院生時代に培った論文の書き方なども指導。

学部時代に財務管理論に興味をもち、財務系のトピックを中心に学べる坂本恒夫先生のゼミに所属しました。そこで学生同士が討論を行う「証券ゼミナール大会」に参加。準備の段階から知識不足や論文を作成するための技量不足を痛感し、このまま就職するのではなく、経営学を自分の強みといえるまで学びたいと思い、大学院への進学を決意しました。院生のときは専門知識を深めるだけでなく、論文作成のための技術向上にも力を注ぎました。どのようにすれば説得力のある内容でまとめられるのか、ゼミでの合宿などを通じて先輩や先生からアドバイスを受け、試行錯誤しながら取り組みました。明治大学の大学院は先輩や同期も多いので、悩みを相談できる人も多く、時にはお互いを励まし合いながら共に成長できる点も魅力です。現在は大学にて財務管理論を教えています。自分の強みを活かし、教鞭をとれているのは大学院での学びがあったからだと実感しています。今はゼミも担当しているので、院生時代に培った論文の書き方を学生に指導しながら、自ら論理的に考えてまとめていく力を身につけてもらえるよう日々努力しています。今後は自分の研究テーマでもある「信託口」の論文作成に力を入れると同時に、学生たちに“先生の授業が勉強になった、ためになった”と言ってもらえるよう指導者としても成長していきたいと思います。

MEIJI NOWに出演しよう!

MEIJI NOWに出演いただける明大生の皆さんを募集しています。大学受験や留学の体験記、ふるさとの特徴、ゼミ・サークルの活動をMEIJI NOWで紹介してみませんか?