2018.06.01

サッカー・長友佑都選手が3度目のワールドカップ日本代表選手に選出|明治大学


nagatomo 今年1月には、駿河台キャンパスで明大生にメッセージを送った長友選手
世界を舞台にサッカー界で活躍する卒業生・長友佑都選手(2009年政治経済学部卒業)が、ワールドカップ・ロシア大会の代表選手に選ばれました。

長友選手は明治大学卒業後、FC東京やインテルナツィオナーレ・ミラノ(イタリア)などを経て、今年1月からはトルコ1部リーグのガラタサライ・スポル・クリュビュに所属。5月にはチームを3年ぶりのリーグ優勝に導きました。
また、日本代表選手として在学中から活躍し、昨年11月には代表選手として国際試合100試合出場を達成するなど、世界の舞台での活躍を続けています。

ワールドカップ・ロシア大会は6月15日に開幕します。日本代表はグループステージ(1次ステージ)で、19日にコロンビア代表、25日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦(日付は日本時間)。まずはグループステージ突破を狙います。

ロシアで活躍する長友選手を、明治大学から応援しています!
※ページの内容は、記事公開当時のものです