2018.11.28

「Meal for Refugees」~難民のふるさとの味を学食で~|明治大学


明治大学公認サークル「M.I.F.O(Meiji International Friendship Organization)」は、和泉キャンパスと中野キャンパスの学生食堂にて「Meal for Refugees (M4R)」を実施します。

「Meal for Refugees(M4R)」とは、認定NPO法人 難民支援協会(JAR)が、日本で暮らす難民と共に作った料理レシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」から生まれた社会貢献プロジェクトです。身近な「食」を通じて、より多くの人々に難民問題への関心・理解を深めてもらうことを目的としています。

このプロジェクトにより、難民のふるさとの味が、期間限定で明治大学の学生食堂のメニューに導入されます。売り上げの一部は、認定NPO法人 難民支援協会(JAR)を通じて、日本で暮らす難民の方に寄付されます。

ぜひ食べに行ってみてはいかがでしょうか。

Meal for Refugees

中野キャンパス

期間 12月3日(月)~12月7日(金)
場所 低層棟1F 学生食堂
メニュー バングラデシュのエッグカレーとトマトソースの肉じゃが
バングラデシュのエッグカレー
バングラデシュのトマトソースの肉じゃが

和泉キャンパス

期間 12月10日(月)~12月14日(金)
場所 和泉の杜(学生食堂)
メニュー ミャンマー風ベジタブルカレー
ミャンマー風ベジタブルカレー
主催 M.I.F.O(Meiji International Friendship Organization)
代表者 宮脇泉(文学部2年)
共催 認定NPO法人 難民支援協会(JAR)
※ページの内容は、記事公開当時のものです