2017.03.08

スクールカラーが「紫紺」なのはなぜ?


shikon1

明治大学のスクールカラーである「紫紺」。明大生になって、この色が好きになったという方も多いはずです。

今日はその成り立ちについて、ご紹介します。

 明治大学では1915(大正4)年、校旗を制定するにあたり当時の木下友三郎校長が、大学の更なる発展を願い、聖徳太子が定めた「冠位十二階制」で最上位の色として位置付けられていた「深紫」を採用。その色が時代のとともに、いつしか「紫紺」と称され、校旗と共に明治大学のスクールカラーとして定着していきました。

現在では、大学マークや運動部のユニフォームなど、明治大学を象徴する色としてしっかり受け継がれていますね!

shikon2

 

shikon3

めいじろうも、もちろん「紫紺」です!

※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです


おすすめ関連記事


課外活動のコト
明大生にフォーカス 「祭彩るキミの色」第134回明大祭フォトギャラリー...
課外活動のコト
体育会に注目! 【ハンドボール部】岸正直選手「踏み締めた夢への...
課外活動のコト
サークルガイド 【12月15日】明治大学バリアフリー映画祭実行委員...
就職活動のコト
就職活動体験記 オリンパス株式会社に就職内定!理工学部 上田果歩...