2016.10.25

明治大学創立者の一人『矢代操』の出身地・福井県(鯖江藩)


furusato01-1-2

(福井県立恐竜博物館 提供)

恐竜の化石発掘率全国1位!最近、福井駅前に恐竜のモニュメントが作られました

福井県はこんなトコ!

福井県は、嶺北地方(木ノ芽峠以北の呼称、福井市や鯖江市など)と嶺南地方(福井県南部の若狭湾沿岸地域、敦賀市や小浜市など)に分けることができます。嶺北は石川、嶺南は滋賀や京都方面との結びつきが強く、お互いにあまり交流する機会は少なく、方言や言葉のイントネーションも異なります。(※一般的な福井弁は嶺北地方、関西弁に近いものが嶺南地方)
そして福井県は、めがねの国内生産フレームの9割以上のシェアを持つ「めがねの聖地」でもあり、人口10万人あたりの社長輩出率は34年連続トップ(2015年の福井県の人口10万人当たりの社長輩出数は1453人、帝国データバンク調べ)!

イチオシはコレ!

福井県立恐竜博物館

furusato01-2-2

                         (福井県立恐竜博物館 提供)

 

恐竜の卵のように見える外観デザインにびっくり! 化石の発掘体験ができたり、ティラノサウルスの化石や模型などが展示されています。日本で発見された新種の恐竜は現在7種存在していますが、その内5種が福井県で発見されています。

越前ガニ

hurusato02_3_2

冬の味覚の王様!11月上旬のカニ解禁日は市場がとても賑わいます。 実は、皇室に献上される品もあり、値段は高いもので数万円、安いもので3千円で買えます。食べてみないとわからないぜいたくな味です。

ソースカツ丼

福井では、カツ丼と言えばソースカツ丼(東京などでよく食べられるカツ丼のことは「たまごカツ丼(たまカツ)」と呼びます)!福井駅の近くに「ヨーロッパ軒」というソースカツ丼屋があり、そこが元祖となっています。お近くにお越しの際はぜひ!

【福井あるある】 独特な方言!

例文を用いて紹介します

①「あんた何やってるんやって!ちゃんとしねや!」

②「ほんに緊張せんでもいいんやよ。安心してしねや。」

③「うちから出んとゲームばっかやって、うぇーはだらやなぁ…。ほうやってしてるで、あやになるんや。そこでおちょきんせぇ。」

 

①訳「あなたは何をしているんだ!ちゃんとしなさい!」

②訳「そんなに緊張しなくていいんだよ。安心して取り組みなさい。」

③訳「家から出ないでゲームばかりしているあなたは怠け者だ。そうやっているからバカになるんだ。その場で正座しなさい。」

※福井弁は海沿い、中央、山間部で違いあり

紹介者

hurusato2_5_2

法学部4年 上田 祐護さん



おすすめ関連記事


学生生活のコト
明大生にフォーカス 明治大学鉄道研究会にクローズアップ!「集まるか...
学部のコト
ようこそ研究室へ 「Come on a My Labo!」理工学研究科 山本俊哉ゼ...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【就職キャリア支援センター(生田)】就職支援カ...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【企業見学記】就職キャリア支援センター(生田)...