2017.03.09

株式会社静岡朝日テレビ 橋本ありすさん


03_caption12
「喋りで勝負したい!」とアナウンサーの道へ。
地方局で、幅広いジャンルの仕事に挑戦中!

PROFILE

2007年3月、政治経済学部政治学科卒業。同年4月、静岡朝日テレビ入社。2007年4月から2015年3月まで県内ニュース(平日18:15~18:40)キャスター、2015年4月から夕方情報ワイド『とびっきり!しずおか』(平日16:45~19:00)MCをつとめる。

現在の仕事について教えてください。

静岡朝日テレビでアナウンサーとして働いています。夕方情報ワイド『とびっきり!しずおか』のMCとして、スタジオ進行やグルメコーナーのナレーションなどを担当しています。その他、高校野球のリポート、幼稚園での読み聞かせ、講演会の司会、記者としての取材活動など仕事は多岐にわたります。色々なジャンルの仕事をさせてもらえるのも、地方局の魅力だと思っています。

03_caption01 平日16時45分スタートの『とびっきり!しずおか』でMCを担当。

03_caption05 グルメコーナーのナレーションを読んでいるところです

現在の仕事を選んだきっかけは?

幼い頃から人前で表現したり、喋ったりすることが好きでした。小学生まで劇団に入っていたこともあり、最初は役者を目指していましたが、大学で『アナウンス研究会』に所属し、目標が変わりました。フリートークや曲紹介などを人前で発表する機会が多くあるのですが、「へ~」と言ってもらったり、笑ってもらったり…そう簡単にはできず、相手に話を伝えることの難しさを感じました。でもそれ以上に、伝わった時の達成感は大きく「喋りで勝負したい」と強く思いました。自分の声を多くの人に届けられ、評価される仕事をしたい。それがアナウンサーでした。

仕事へのこだわり、心がけていることはありますか?

”伝える”気持ちを忘れないことです。アナウンサーの仕事の多くはカメラに向かって喋るため、意識が薄れてしまうと、淡々と喋ってしまいがちです。しかしその向こうでは、多くの県民が見ています。一人ひとりに語りかけるつもりで、日々放送に臨んでいます。そして”視聴者の話を聞く”ことも大切にしています。一方的に伝えても、相手が受け取ってくれなければ意味がありません。取材先や街で声をかけていただいた時など機会を見つけて、放送について、自分についてどう感じているのか、恐れずに聞くようにしています。 その意見が成長に繋がるからです。

03_caption09 とびっきり!しずおか ロケでの一枚

仕事におけるマストアイテム

のど飴

03_caption10 アナウンサーは声が命!ということで、のど飴は常に持ち歩いています。喉が乾燥するとイガイガして声が出しづらいので、乾燥防止に。お気に入りは龍角散です

ボールペン

03_caption11 原稿にいろいろ書き込むためのペンは必須アイテム。基本は4色ボールペンを使って、見やすい読みやすい原稿作りをします。毎日使うためインクがすぐ無くなってしまうので、とにかくたくさんペンを持っています

社会に出てから役に立った、明治大学での経験はありますか?

アナウンス研究会での活動は、今の仕事に直結しています。発声練習などである程度の基礎ができたと思いますし、現在は毎日生放送でフリートークがあるため、サークルでのフリートーク練習は、とても役に立っています。人前で発表する機会が多かったので度胸もつきました。あと、私はマスコミ研究会にも所属していて、マスコミ業界に就職した仲間がたくさんいます。現在、静岡県には5人も明治大学出身のアナウンサーがいるんです!ご飯に行っては色々相談し合うなど、大学を卒業してもなお、明治大学の仲間に助けてもらって…とても心強いです。マスコミに強い明治ならではのネットワークだと思います。

03_caption08 一緒にMCを務める大沼啓延さんも明治大学出身!静岡の夕方は、明大コンビが盛り上げます!

仕事における今後の展望や目標について聞かせてください。

まずは、現在担当する『とびっきり!しずおか』のMCを精一杯務め、今よりもっと県民に愛される番組にしたいです。視聴者の皆さんに「楽しい」と思ってもらえるように、自分自身も楽しんでリポートすることを目指します。そして、ナレーション技術を上げたいです。これまでもさまざまなナレーションを担当してきましたが、さらに声の幅を広げ、全国ネット番組で自分の声を使ってもらえるようになるのが目標です。アナウンサーになって10年になり、人からアドバイスをもらう機会が減りました。そんな今だからこそ、色々な人に意見を求めて、アナウンサーとしての自分を高めていきたいと思っています。

明大生に向けて、メッセージをお願いします!

私がアナウンサーを目指すようになったのは、明治大学での経験があるからです。アナウンス研究会・マスコミ研究会で活動してきたこと、そしてそこで出会った仲間が、この道に進ませてくれました。何となく授業に出ている人、サークルに入ったもののなかなか参加出来ていない人、ゼミをさぼっている人…いますよね。私もそんな時期がありました。でもその中に、将来へのヒントがあるかもしれません。ぜひ、前向きに取り組んでみてください。最後に卒業生として・・・明治大学はとっても素敵な大学です!仲間も恩師も経験も。一生の宝物を見つけてくださいね。