2017.03.06

丸紅株式会社で活躍!池谷祐介さん 
『困っている人の役に立ちたい!』


obog05_1

PROFILE

2015年3月、政治経済学部を卒業。同年4月、丸紅株式会社に入社。現在、環境インフラプロジェクトに所属。入社2年目。大学時代は、アルバイトや長期留学に力をいれていた。

現在の仕事について教えてください。

海外の水事業(上下水処理プラント・海水淡水化プラントの建設および運営・管理)に従事しています。私の担当マーケットは中東で、現在はカタール国の下水処理場の建設および運転・管理の案件を担当しています。業務は基本的に現地のバックアップ業務(契約条件の確認や客先とのコレスポンデンス内容の確認等)ですが、受動的にならずに能動的に仕事に取り組むよう意識しています。 また、課で一番若手なので、予決算の作成および取りまとめ作業等も行っています。

池谷さんの一日の流れ

 

9:00 出社
9:00-11:00 メールおよびコレスポンデンス(当社と客先とのやり取り等チェック)
時差があるので、現地の前日夜に発信されたものを午前中にまとめて確認します。
11:00 資料作成など
現地だけでは決定できない重要事項に関しては、本社の承認を取得する必要がありますが、その為の資料の作成は若手の業務です。
12:00 お昼
課の先輩と行ったり、仲の良い同期や後輩と行ったりします。
13:00 社内打ち合わせ
案件に関する現状の報告や今後の対応方針等に関して、上司や他部署の方と打ち合わせをします。
14:00 資料作成など
午前中にもありましたが、とにかく社内用の資料作成が多いです。
16:00 現地駐在員との電話会議
重要事項の話し合い。
17:00 上記話し合いを踏まえ、必要対応事項の整理及び発信
19:00 退社
大学の友人や同期と食事に行ったり、ジムで汗を流したり、料理教室に通ったりと充実した平日を過ごしています。

現在の仕事を選んだきっかけを教えてください。

困っている人の役に立ちたい!世界中の人々の生活基盤となるインフラ事業を整備し、国の発展および人々の生活の向上に少しでも貢献したいという思いがきっかけです。

現在の仕事について、学生時代に抱いていたイメージとギャップを感じるところはありますか?

プラントと言うと、非常に大きな事業を行っていて、海外の人達と調印式で契約書にサインをしたり、握手をしているイメージが強かったですが、実際にはそこにたどり着くまで驚くほどの苦労がある点です。

仕事をしていて一番うれしかったことは?また、一番つらかったことや苦労したことも教えてください。

昨日できなかった事が今日出来るようになり、成長を実感している時です。商社の仕事はチーム作業ですが、個々の能力を上げる事でチームが強くなると考えており、チームに貢献できていると感じる瞬間は嬉しいです。 苦労したことは、1年目の終わりに新規案件対応で中東に1ヵ月出張をし、一人で調べ物をして資料を作成した事です。 得る情報が相手によって毎回異なっていて、どれが真実の情報か分からず、資料をまとめるのにとても苦労しました。

仕事におけるマストアイテムはなんですか?

obog05_2

ネクタイです。ネクタイは本当に人の印象を変えるので、その日の予定や気分に合わせて決めています。スーツは模様の入ったものを着ることが多いので、ネクタイは基本的にシンプルなものを選んでいます。

明大生に向けてメッセージをお願いします。

人生には正解はありません。毎度毎度選択の繰り返しです。その選択の精度を高める為に、学生時代に色々な経験をしてください! 何か一つ興味のある事を見つけて熱中して取り組むのもよし、色々な事に手を出してみるのもよし、あなたの人生に誰も文句を言う人はいないので、貴重な4年間で思う存分好きな事をやってみてくださいね!

 



おすすめ関連記事


わたしとくらしのコト
ふるさとじまん 明大生のふるさとじまん・北海道 広大な大地に広...
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【生田】工場等見学会 開催のお知らせ
学生生活のコト
「前へ!!」就職 【生田・RESTARTプログラム第8弾】事前予約型個別...
先輩のコト
OB・OG奮闘記 日本航空株式会社で活躍!田中大貴さん「航空業と...