2019.05.15

【明大スポーツ新聞部】創部66年の歴史と伝統を守りつつ、移り変わる時代に合わせ変化を遂げる


さまざまな体育会の活動を紹介する「体育会に注目!」。今回は、明大スポーツ新聞部を、商学部3年の坂田さんが紹介してくれます!

明大スポーツ新聞部

部員数 57人(男性37人、女性20人)
公式ホームページ meisupo WEB
紹介者:明大スポーツ新聞部 商学部3年 坂田和徳さん

時代とともに問われる変化

“明スポ”の愛称で呼ばれる明大スポーツ新聞部は昭和28年に創部されました。幣部は、今年度で創部66年目を迎えます。今年度も新聞製作を順調に進めますと、秋頃には記念すべき第500号の発行を予定しており、長い歴史と伝統を感じています。

朝日新聞社・日刊スポーツ新聞社特別後援のもと、昨年度の12月に開催された第8回大学新聞コンテストのスポーツ新聞部門では、2年連続で最優秀賞を受賞致しました。この結果は大学からの手厚い支援、広告先、ご愛読していただいているOB、OGの方々、そして何よりも明治大学体育会各部のご活躍とご協力があってのものだと思っております。

しかし、時代、文化は常に変化を遂げています。「若者の新聞離れ」などは特に敏感に感じており、キャンパス配布でも決して新聞を受け取ってくれる学生が多いとは言い切れないのが現状です。我々も時代に対応して変化を遂げなければなりません。明治大学体育会を伝えるに留まらず「明大生が親しみやすい新聞をつくるためには」という課題も常日頃から念頭に置いています。

昨年度はほぼ毎号に企画面というページを設け、スポーツに縛られない多種多様な事柄に焦点を当て、特集しました。「女性の社会進出」、「マッチングアプリ」、「自己分析」、「大学生のお金事情」など社会問題、恋愛、就活など学生が親しみやすい分野を取り上げました。

また発信の方法に関しても変化を問われる時期に差し掛かっています。どれだけ我々が面白い情報を得て、興味を惹くような記事を執筆しても、新聞を手に取っていただく読者がいなければ意味がありません。だからこそ、さらに“明スポ”という存在を知っていただく必要があると考えています。

我々の活動は新聞製作に限らず、WEBサイトでも展開しております。大会の速報記事や選手のインタビュー記事、さらには2020年東京五輪に向けた特集などWEBサイトだからこそ閲覧できる情報を発信しています。

スマホやPCでも閲覧がしやすいようにリニューアルも行い、現在も改良点を部員、コーチなどから募り、変化を加えています。TwitterやInstagramなどのSNSでの発信も強化するなど外部へ向けた取り組みも年々、強化しています。

昨年度の1月号でラグビー部の22年ぶり日本一を取り上げたように、“明スポ”は体育会の歴史的瞬間を伝える役目が軸です。しかし、移り変わりの激しい社会に対し、変化を恐れていては、発展はないと考えております。活動の軸をぶらさずとも、上記で述べたように“明スポ”も変化を遂げていきます。

「学生らしさ」を全面に出し、より一層、明治大学関係者に親しまれる新聞製作、活動に努めて参ります。今後ともご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

第68代編集長紹介

楠 大輝 政治経済学部政治学科3年 芝浦工大付高出身

平素よりお世話になっております。編集長の楠大輝と申します。今年度は『NO明スポ NO明治』というスローガンを掲げ、“明大スポーツ”が明大生にとって、必要不可欠な存在になるということを目標に日々活動しております。

また各体育会の活躍を伝えるのはもちろんですが、自分たち自身が楽しむことも重要だと考えております。そういった環境づくりが必ずよい新聞製作につながるはずです。どの活動に対しても、部員一同全力で取り組んでまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

※こちらの記事は、「明治の“いま”がこの1冊に!」季刊広報誌『明治』第82号(2019年4月15日発行)「躍動する明治大学体育会」からの転載になります。ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、季刊広報誌『明治』第82号発行当時のものです。
MEIJI NOWに出演しよう!

MEIJI NOWに出演いただける明大生の皆さんを募集しています。大学受験や留学の体験記、ゼミ・サークルの活動をMEIJI NOWで紹介してみませんか?