2019.09.26

【Book Recommend】『日本のヤバい女の子』&『短歌ください』金子燈さん


明大生のお薦めの本を紹介するコーナー「Book Recommend」。今回は、文学部の金子さんに、お薦めの本やその感想についてお聞きしました。
お薦めの本を紹介してくれた方金子燈さん(文学部1年)

よく読むのは日本の現代小説です。

金子さんお薦めの本

『日本のヤバい女の子』はらだ有彩 著

日本の昔話にはさまざまな女性が登場します。物語の中で彼女たちは時に、悪役のように振る舞ったり、とても極端な行動をとったりします。この本は、そんな彼女たちを一人の女の子として捉え、考え直した本です。

かぐや姫や織姫、乙姫などのみんなが知っている女の子から、「こんな女の子がいたのか」というような女の子まで、合わせて20人の女の子が紹介されています。彼女たちはあの時、実際は何を考えていたのか。読み終えた後は、今までよりも彼女たちを身近に感じられること請け合いです。

ひとまず読んでみてほしい本

『短歌ください』穂村弘 著

この本は、歌人の穂村弘が雑誌上で行った、読者から短歌を募集する企画をまとめたものです。毎回テーマが設定されていて、「恋愛」や「家族」、面白いものだと「トイレ」などがあります。投稿された作品は、クスッと笑えるものから、少しドキッとするようなものまで、さまざまな作品があります。

「短歌とかよく分からないし、面白くなさそう」。そんな人にこそ読んでもらいたい本です。どのページから読んでも面白いのでお薦めです。

※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです
MEIJI NOWに出演しよう!

MEIJI NOWに出演いただける明大生の皆さんを募集しています。大学受験や留学の体験記、ゼミ・サークルの活動をMEIJI NOWで紹介してみませんか?