2020.02.28

【卒業生の今を紹介】神鋼商事株式会社で活躍!登林功貴さん


協力してくれた卒業生登林功貴さん(2018年総合数理学部卒業)

勤務先 神鋼商事株式会社(専門商社/鉄鋼・総合職)
2018年3月、総合数理学部を卒業。同年4月、神鋼商事株式会社に入社。現在、大阪線材グループに所属。入社2年目。学生時代はキックボクシングに力を入れていた。

現在の仕事について教えてください。

取り扱っている各商材の、国内取引及び海外取引を行っています。国内取引に関しては、各ユーザーへ希望通りに商品を届けることはもちろん、各ユーザーの動向を把握し、社内及びメーカーへ情報を展開することが主な業務となります。海外取引に関しては、輸出業務を行っています。輸出業務はユーザー状況を把握し、拡販することを目標に取り組んでいます。

登林さんの1日の流れ

8:30 出社・メールの確認
9:30 納期調整及び事務作業
12:00 昼食
13:00 客先訪問
16:00 情報整理・資料作成
19:00 退社

現在の仕事を選んだきっかけを教えてください。

商社にとって、「人が命」であると言われます。メーカーとお客様双方の異なる要望を聞き、問題解決を繰り返すことで、解決能力を培い人としても成長できると考え選びました。

同期とは、定期的に飲み会を開催しています

現在の仕事について、学生時代に抱いていたイメージとギャップを感じるところはありますか?

外出し、お客様とのコミュニケーションを取ることが仕事のほとんどと考えていましたが、実際は事務作業も多く、外出と事務作業を並行して仕事を進める必要がありました。

仕事をしていて一番うれしかったことは?

さまざまな依頼がありますが、全て内容をしっかり把握し、お客様とメーカーの双方が納得のいく説明をする必要があります。 自分で考え行動し、双方納得のいく提案をすることができた時は、やりがいを感じうれしく思いました。

一番つらかったことや苦労したことを教えてください。

些細なミスにより、お客様とメーカーに迷惑をかけてしまったことです。商社として間に入り業務を行ってますが、双方に利益を与えるべき立場でありながら、不利益を与えてしまいました。

仕事におけるマストアイテムはなんですか?

社用携帯です。お客様先や社内での通話はもちろん、スケジュール管理から計算まで、すべての仕事に欠かせないアイテムです。

マストアイテムの社用携帯

明大生に向けてメッセージをお願いします。

就職活動中たくさんのことで悩むと思いますが、自分の考え方や価値観を大切にし、突き進んでいくことが最も良いと思います。考え抜くことはとても大切ですが、思い悩むことなく就職活動に取り組んでください!

※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです