2019.01.02

【留学生紹介】「商学部のダブルコアで、問題解決能力を上げたい」王 智明さん│明治大学


日本への留学体験を紹介してくれた方王 智明さん(商学部2年)

  • 出身国:中国
  • 留学期間:2015年10月~2018年9月

日本への留学を志したきっかけと、明治大学を選んだ理由を教えてください。

日本では、創業することも日本市場に参入することも簡単ではなく、ビジネス環境が厳しいと思います。しかし、このような環境でも、いろいろな新しいアイデアが涌いています。なぜ厳しい環境でも、新しいアイデアが出てくるのかを知りたいと思い、日本へ留学に来ました。
その中でも明治大学を選んだ理由は、明治大学の商学部には、ほかの大学と違い、2つのゼミに同時に入ることができる、ダブルコアという制度があるからです。ゼミという形の授業は、学生の自主性を要求することが多いので、2つのゼミに入ることによって、自ら問題解決する能力も上がると思いました。

北海道旅行中の1枚

明治大学の好きなところについて

明治大学のキャンパスで好きな場所はどこですか?

場所:和泉キャンパス メディア自習室
理由:パソコンやWi-Fiがあり、作業をすることも、休憩することもできる場所です。そして、TA(Teaching Assistant)の方がいるので、もしパソコンや情報科目授業に関する質問があれば、尋ねることができます。

好きな授業を教えてください。

授業名:フューチャースキル講座(経営総合講義A・B)
担当教員名:樋渡雅幸先生
理由:ほかの授業と違い、この授業のほとんどでは、学生自身で問題を解決します。会社の売り上げを伸ばす案を考えるために、自分で会社の人とやり取りをして、より良い解決案を考えていきます。この講座を通じて、学生自身の問題解決能力も上がっていきます。

北海道旅行中の1枚

日本で過ごした感想

日本に来て驚いたところは?

電車の中はとても静かで、サラリーマンがほとんど同じ服を着ることにびっくりしました。そして、違う鉄道会社の電車に乗るときは、それぞれの電車料金を払うことにも驚きました。中国では、電車は国家に管理されています。

自分の国の学生生活と比べて、日本の学生生活で楽しいところ・大変だと感じるところはありますか?

楽しいところ

在学中にアルバイトができることです。アルバイトをすると、社会経験が積めますし、貯金が増え、海外旅行やショッピングもできます。両親から経済的に独立することもできます。

大変なところ

日本に留学する学生は、ほとんど一人暮らしで、ルームメートがいないことです。さらに、日本人とコミュニケーションすることには困難があり、人間関係を築くことが、母国より難しくなります。

北海道旅行中の1枚

王 智明さんについて&メッセージ

将来の夢は何ですか?

大企業の商品開発部に入り、面白い商品や販売戦略を考え、多くの人々により楽しく商品を買ってもらうようにすることです。

故郷の国の紹介や、自慢をしてください。

中国では、近年、インターネット販売や電子決済などが驚くほど進展していて、インターネットにまつわるビジネスモデルも猛スピードで増えています。これから中国のインターネット化は、さらに進んでいくと思います。

※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです
MEIJI NOWに出演しよう!

MEIJI NOWに出演いただける明大生の皆さんを募集しています。大学受験や留学の体験記、ゼミ・サークルの活動をMEIJI NOWで紹介してみませんか?