2018.02.06

乃木坂46・斎藤ちはるさんにインタビュー【第3回】「背伸びしないで、自分にできることを精一杯やっていく」|明治大学


interview03_22

乃木坂46・斎藤ちはるさんにインタビュー【第2回】はこちら(2018年2月5日公開)

乃木坂46で一番思い入れのある曲

金谷 乃木坂46の曲の中で、一番好きな曲や、思い入れがある曲は何ですか?

斎藤 一番思い入れがあるのは『何度目の青空か?』という曲です。そのときに初めて選抜入りしたというのと、ちょうど高校3年生で受験の真っ只中で、忙しさもありつつ、一番充実していました。

金谷 大変でしたね。

斎藤 歌詞も結構好きです。

金谷 自分に重なってグッと来るところもあったのですね。

斎藤 ありますね。

interview03_9

前に進んでいくための心掛け

金谷 今は選抜入りを目指してほかのメンバーと切磋琢磨していると思いますが、そのために努力していることはありますか?司会で回していくというポジションも、限られた人じゃないですか。

斎藤 私はまだまだ司会常連枠じゃなくて、チャンスがあるときにやらせていただいてるんです。

金谷 盛り上げたら、もしかしたらチャンスがあるかもしれないですよね。

斎藤 でも、何が何でも選抜に入りたいとか、絶対に選抜に入らなきゃだめというように、選抜に固執してるわけではないです。

金谷 かっこいい……。

斎藤 いやいや(笑)。自分のポジションで、自分にできることを背伸びしないで、精一杯やっていく方が地道に前に進めるのかなと。

金谷 かっこいい……!

斎藤 (笑)。そんなに背伸びせず、マイペースに行けたらなと思います。

金谷 今の役割だったり、今のファンの方だったり、目の前のことを大事にしてらっしゃるってことですよね。

斎藤 はい。

金谷 いや、もう、感動しました。

斎藤 いやいや、全然ですよ(笑)。

interview03_17

カップリング曲『My rule』の見どころ

金谷 2017年10月に発売されたシングル『いつかできるから今日できる』では『My rule』を歌われていますが、曲の好きなところや、こだわりがあったら教えてください。

斎藤 最近までは結構しんみりした曲が多かったので、今回の曲はコールが入れられたりとか、少しアップテンポな曲になっています。あとは、ダンスで注目してほしいところがあって、メンバーで人文字を作っているところがあるんですよ。

金谷 おお!

斎藤 ミュージックビデオと本当の振り付けで内容が異なっています。ミュージックビデオのときは、「水鉄砲を撃つぞ」っていう少し面白い感じなんですけど。本当の振り付けでは『My rule』をアルファベットで表現しています。

金谷 なるほど。それはもう必見ですね。

斎藤 そうですね。曲のどの部分で作っているのか、見ていただけたら分かると思います。

interview03_24

アンダーアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』への意気込み

金谷 乃木坂46初となるアンダーアルバム(選抜入りを目指すメンバーが歌う曲を収録したアルバム)の『僕だけの君~Under Super Best~』が2018年1月に発売されますが、その意気込みを教えていただけますか?

斎藤 アルバムができるということ自体、乃木坂46にとって大きいことなのですが、それをアンダーの曲のみで作るというのは、昔の私たちからすると想像がつかないくらい大きなことです。驚いてもいますが、自分たちの歌を好いてくれる人や、注目してくれている人が多いという事実もうれしいですし、あまりまだ私たちのことを知らない人にも、新たに魅力を知ってもらえたらいいなと思っています。

金谷 なるほど。そうですね。

斎藤 これから作るので、どんな曲が入るのか、まだ自分でもあまり分かりませんが、今までの曲にいい曲が多いので、楽しみにしています。

金谷 欲しいという声があるから作られることになったと思うので、やっぱり注目されているということなんですね。

斎藤 うれしいです。

金谷 そういううれしさと同時に、このアルバムが出るプレッシャーもあったりしますか?

斎藤 ちゃんと枚数が出ちゃうじゃないですか。あんまり恥ずかしい数字は出したくないので。

金谷 でも、さっき言っていたようにマイペースに、しっかり前を見てやっていこうっていう感じですかね。

interview03_102

今後の目標

金谷 今後の芸能活動での目標について教えていただけますか?

斎藤 やっぱり、ミステリーハンターをやらせてもらえたことは自分にとって大きかったので、乃木坂46としてもそうですが、将来もテレビに携わるお仕事がしたいです。また、スポーツが好きなので、オリンピックに関わる仕事なども、いつかできたらいいなと思っています。

金谷 楽しみですね。アイドル一本というより、メディアにどんどん出て行かれるのですね。テレビで斎藤さんがたくさん観られるようになったら、私もすごくうれしいです。

斎藤 そうなれるように頑張ります。

斎藤ちはるさんから明大生へ動画メッセージ
After the Interview…

interview03_152

金谷有里子さん(文学部4年)
斎藤さんとは同じ学部と専攻というとこで、何度かお会いしたことがあります。アイドル活動について話す斎藤さんは、それまでの和やかな表情から一転、大きな瞳でキリッと前を見て、真剣そのものでした。その姿がかっこよくてたくましくて、とてもすてきな方でした。また大学内でお会いできることを楽しみにしています。

※内容はインタビュー当時(2017年11月13日)のものです。

プロフィール乃木坂46・斎藤ちはるさん

interview03_3

2015年に明治大学文学部文学科演劇学専攻に入学し、現在3年生。2011年から乃木坂46の第1期生として活躍し、2018年1月10日(水)には、乃木坂46初となるアンダーアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』を発売。


おすすめ関連記事


課外活動のコト
体育会に注目! 【体育会サッカー部】5選手がJリーグへ!加入内定...
留学のコト
留学生スタイル 【留学生紹介】「働くことが好き!自分のキャリア...
課外活動のコト
体育会に注目! 【自転車部】荒川仁選手|明治大学
就職活動のコト
就職活動体験記 フューチャーアーキテクト株式会社に就職内定!理...