2022.12.23

【体育会サッカー部】6選手がJリーグへ!加入内定記者会見フォトギャラリー|明治大学


明治大学体育会サッカー部は12月22日、日本プロサッカーリーグ「Jリーグ」への加入が内定した6選手の記者会見を、駿河台キャンパス・グローバルフロントで開催しました。このページでは、「Jリーグ加入内定記者会見フォトギャラリー」として、スナップショットをご紹介します!今後とも、熱い応援をよろしくお願いします!
左から、主将 林幸多郎選手(法学部4年/横浜FC)、遠藤雅己選手(法学部4年/横浜FC)、木村卓斗選手(政治経済学部4年/横浜F・マリノス)、副主将 福田心之助選手(文学部4年/京都サンガF.C.)、櫻井風我選手(情報コミュニケーション学部4年/ツエーゲン金沢)、松原亘紀選手(文学部4年/いわてグルージャ盛岡)

Jリーグへの加入が内定したのは、主将の林幸多郎選手(法学部4年/横浜FC)、遠藤雅己選手(法学部4年/横浜FC)、木村卓斗選手(政治経済学部4年/横浜F・マリノス)、副主将の福田心之助選手(文学部4年/京都サンガF.C.)、櫻井風我選手(情報コミュニケーション学部4年/ツエーゲン金沢)、松原亘紀選手(文学部4年/いわてグルージャ盛岡)の6選手です。

会見は、体育会サッカー部の越川芳明部長(文学部教授)と栗田大輔監督のあいさつから始まりました。栗田監督は、先日開催されたサッカーFIFAワールドカップに触れ、「国民が1つになって同じ方向を見て喜び、悲しんだ。そのエネルギーがスポーツやサッカーにはある。明治大学はアマチュア界最強のチームとして、人材を世界に輩出していきたい」と述べ、「この6人には、各チームで求められる像を理解し、そこに納まることなくどんどんチャレンジしてほしい」と激励の言葉をかけました。

続いて、6選手がそれぞれマイクを持ち、部関係者への謝辞や内定の喜びを語るとともに、加入後の活躍を誓いました。

このページでは、記者会見の様子を写真でご紹介します!

加入内定記者会見フォトギャラリー

少し緊張した面持ちで入場した選手たち
少し緊張した面持ちで入場した選手たち
記者会見冒頭のあいさつをする越川部長
6選手に激励の言葉を贈る栗田監督
「W杯を見てプロサッカー選手という職業が素晴らしいと感じたし、自分自身も多くの方に感動や勇気を与えられるような選手になれるよう精進していきたい」と抱負を語る、主将の林幸多郎選手(法学部4年/横浜FC)
「今後、大学サッカーに興味を持つきっかけになってもらえるように、Jリーグや代表選手として活躍できるよう頑張りたい」と抱負を語る、遠藤雅己選手(法学部4年/横浜FC)
「4年間の大学生活の中で培った自分の全てを出して、Jリーグの舞台で活躍できるように頑張っていきたい」と抱負を語る、木村卓斗選手(政治経済学部4年/横浜F・マリノス)
「自分の持ち味を最大限生かし、真っ向勝負でぶつかって、レギュラーをつかんで活躍する姿を見せたい」と抱負を語る、副主将の福田心之助選手(文学部4年/京都サンガF.C.)
「明治大学で素晴らしい同期たちと切磋琢磨してポジション争いをすることができたことが財産だと思っている。卒業後も人生をかけて全力で戦いたい」と抱負を語る、櫻井風我選手(情報コミュニケーション学部4年/ツエーゲン金沢)
「4年間、明治大学でサッカーに打ち込み、応援や補助ができたことも人生の宝物になった。チームのJ2・J1への昇格のために全力を尽くしたい」と抱負を語る、松原亘紀選手(文学部4年/いわてグルージャ盛岡)
明治大学の「M」マークでの一枚
栗田監督と喜びを分かち合う選手たち
加入クラブのキャラクターのぬいぐるみやグッズを持ち、笑顔の6選手
※ページの内容や掲載者のプロフィールなどは、記事公開当時のものです
※記事中に掲載した写真は撮影時のみマスクを外すなどの配慮をしております